メインページ > Q助の紹介



全国版救急受信アプリ「Q助」のご紹介





 近年、全国的に救急搬送件数が増加の一途をたどっています。
 このような状況が続けば、本当に救急搬送が必要な人への対応が遅れ、助かる命が助からない
ということにもなりかねません。しかし本当に救急車が必要、必要じゃないの判断は簡単に出来る
ものではありません。
 そこで、この度総務省消防庁では急な病気やケガに対しての緊急度に応じた必要な対応の判断を
行う為の支援ツールとして、救急受信アプリ(愛称「Q助」)を開発し、提供を開始しました。
 この「Q助」は該当する症状を画面上で選択していくと、その症状の緊急度に応じ必要な対応を
緊急度をイメージした色とともに内容を表示する仕組みになっていますので、もし救急車を呼ぶ事
に迷った場合などはご活用ください。
 支援ツールにはパソコンで利用するWEB版とスマートフォンなどにインストールして利用する
アプリ版(iPhone用、Android用)があります。

 詳しくは、下記の広告及びリンク先のページをご覧ください。


(クリックで拡大します。) (クリックで動画が表示されます。)



 〇全国救急受信アプリ「Q助」紹介(総務省消防庁)ホームページ

  ※支援ツール(WEB版、アプリ版)は上記ホームページからダウンロードできます。