住宅用火災警報器

メインページに戻る


→→住宅用火災警報器Q&Aコーナーはこちら←←

住宅防火対策推進協議会のホームページに住宅用火災警報器メーカー相談窓口リストがあり
住宅用火災警報器について問い合わせることもできます。

↑↑クリック↑↑

        
建物火災の死者数のうち約9割は住宅火災で亡くなっており、そのうちの約6割が65歳以上の高齢者となっています。
原因でみると約6割は逃げ遅れによるもので特に就寝時間帯に多く発生しています。

       
アメリカでは住宅火災による死者数が21年間で約5割減となり、普及率も9割以上にまでなっています。
イギリスでも住宅火災による死者数が13年で約4割減、普及率も8割以上になっています。

住宅火災の死者数を低減するには火災警報器の普及促進が不可欠です

住宅用火災警報器等設置による奏効事例
事例@ 就寝前に煙草を吸い、確実に消火せずに就寝してしまったため、座布団に落下

この様な状況を踏まえ、このたび消防法の改正となりました。


住宅用火災警報器の種類
感知器 熱式 条例では煙式を義務化としています。
設置する場合は台所が適切。
煙式 光電式 火災を早期に見つけることができるので、住宅には最適です。
イオン化式 放射線源を使用しており廃棄の際にトラブルが生じる恐れがありますので
光電式をおすすめします。



住宅用火災警報器の電源方式
電源方式 電池式 乾電池式 ○比較的安価。設置場所を選びやすい。既存住宅におすすめ。
  機器の寿命はおおむね7〜10年。
▲1〜3年ごとに電池交換が必要。
リチウム電池式 ○設置場所を選びやすい。既存住宅におすすめ。
  電池切れの時は機器ごと交換となる。寿命はおおむね5〜10年。
コンセント式(100V) ○寿命はおおむね7〜10年。電池切れの心配なし。
  新築住宅におすすめ。
▲近くにコンセントが必要な為、設置場所が制限される。


火災警報器の品質を保証するものに、日本消防検定協会の鑑定マークがあります。
国の技術基準に適合し、日本消防検定協会の検査に合格したものですので安心です。
購入の際にはNSマークが付いたものを選びましょう。

住宅用火災警報器の取付場所
(1) 寝室(主寝室・子供部屋) よく見かける一戸建て住宅(2階建て)は@Aに該当する。
 例) 親2人・子供2人の場合 (合計4個設置することになる)
主寝室×1個・子供部屋A×1個・子供部屋B×1個・階段×1個
(2) 寝室が2階にある場合は階段の上部
(3) 3階建て以上の場合で寝室がある階(3階以上)から2階下の階の階段の上部
(4) 3階建て以上の場合で寝室のある階から2以上うえにある階(3階以上)に居室がある場合、最上階の階段の上部
(5) @〜Cで設置する必要のなかった階で就寝に使用しない7u以上(4畳半以上)の居室が5以上ある階の廊下



  

  


機器の取付位置
天井に取り付ける場合は
壁やはりから60cm以上離す。
壁に取り付ける場合は
天井から15cm以上50cm以内に取り付ける
エアコンや換気扇等の吹出口から
1.5m以上離す

定期的に点検をしましょう

煙式の殺虫剤(バルサン)等には反応するので注意しましょう。

おおむね7〜10年で機器自体の寿命となるが、その際に音やランプで知らせてくれるものもある。
本体に交換時期を明記したシールを貼っているものもある。

→→住宅用火災警報器Q&Aコーナーはこちら←←