メインページ > 熱中症予防



熱中症を予防して元気な夏を!





 高温の環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体内の調整機能がうまく働かず、
体温が著しく上昇するなどして発症する障害の総称です。
 疑われる症状は、めまい、頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、大量の発汗などです。


※家の中でじっとしていても、室温や湿度が高いために熱中症になる場合がありますので、
 注意が必要です。





  

軽症 症状 対処 医療機関
〇めまい
〇大量の発汗
〇あくび・筋肉痛
〇筋肉の硬直
〇涼しい場所に移動
〇衣服を緩める
〇水分補給
〇症状が改善すれば受診の
 必要なし

※改善しなければ黄色へ
〇頭痛・吐き気
〇倦怠感・虚脱感
〇集中力・判断力の低下
〇涼しい場所に移動
〇衣服を緩め体を冷やす
〇水分と塩分の補給
〇病院を受診する
〇救急車を要請する
〇意識障害(呼びかけに対して
 反応・会話がおかしい)
〇けいれん
〇運動障害(普通に歩けない)
〇涼しい場所に移動
〇冷却材などを首や脇の下に
 置き体を冷やす
〇すぐに救急車の要請
重症






 

放っておくと死に至ることのある熱中症ですが、予防法を知っていれば防ぐことも可能です。
 〇部屋の温度をこまめにチェックする!
  (普段過ごす部屋には温度計を置くことをお勧めします。)
 〇室温が28℃を超えないように、エアコンや扇風機を上手に使いましょう!
 〇のどが渇いたと感じたら必ず水分補給!
 〇のどが渇かなくてもこまめに水分補給!
 〇外出の際は出来る限り体を締め付けない涼しい服装で、日よけ対策も!
 〇動く場合は無理をせず適度に休憩を!
 〇日頃から栄養バランスの良い食事と適度な運動で体力づくりを!

     

 
こんな時はためらわずに救急車を呼びましょう!
 
 〇自分で水が飲めなかったり、脱力感や倦怠感が強く、動けない場合
  〇意識がない(普段と違う)、全身のケイレンがあるなどの症状を発見した場合




   ○熱中症予防情報サイト(環境省:外部リンク)


   ○
高温注意情報(気象庁:外部リンク)






   遠賀郡消防本部 救急課
   電話 093-293-812