メインページ > 消防のしごと




   これは「消防のしごと」を小学校4年生の教育課程の中で正しく指導して頂くとともに、町民の皆様
   にもご理解とご協力をお願いするために作成したものです。
    編集にあたっては小学校児童を対象としましたが、指導のための参考資料としてもご活用下さい。
    消防活動が組織的に営まれて「火事のない町づくり」「安全で快適な生活環境づくり」に努めている
   ことをこのコーナーよりご理解をいただければ幸いです。





   1 火事を消す仕組み
   2 学校の防火しせつと防火対さく
   3 私たちの町の防火しせつ
   4 消防署所の役目

   5 遠賀郡消防本部 Q&A



1 火事を消すしくみ

 
  発見

   ある日、ぼくの家の近くで火事がありました。
   お父さんといっしょに外に出てみると、消防車がサイレンをならして来ました。
   その後から何台も来ました。

    ???119番に電話したらどのようにして消防車が来るのだろう???

  通報

   「火事!!火事です!!」という119番通報だけで消防署の指令室はわかるでしょうか?
   
 みなさんだったらどんな知らせかたをしますか?

基本的な通報のしかたはココをクリック!

119番の正しい通報のしかた
@火事か救急かをはっきりと!
A場所は・・・○○町△△丁目□□番☆☆号

  わからなければ近くのお店など目印になる建物
B何がどのように燃えているか
C自分の名前、電話番号

  何を言っていいかわからないときは電話で聞かれたことにはっきりと答える。


   指令   

    

   出動   

    

  現場急行  

    

  現場到着 

    

  消火活動・人命救助  

 役場、消防団、航空自衛隊(消防班)、ガス会社、電力会社、警察署の人たちがたがいに協力しています。
 また、火事を消すだけでなく、にげおくれた人を助け出すのも消防の大事な仕事です。




2 学校の防火しせつと防火対さく

   火事を防ぐしせつには、どんなものがあるか調べてみましょう。
   自分たちの学校の防火しせつを図にして覚えていれば、
   もしも火事になった時にあわてずに行動ができます。

学校の防火しせつ
  防火しせつの種類 説   明
@ 自動火災報知設備(じどうかさいほうちせつび) 器具が熱やけむりを感じて火事を知らせます。
A 非常警報設備(ひじょうけいほうせつび) ボタンを押して火事をみんなに知らせます。
B 避難階段(ひなんかいだん) 毎日つかっている階段も、火事のときは
みんながにげる通り道になります。
C 消火器(しょうかき) 小さな火事のうちに使って消します。
D 屋内消火栓(おくないしょうかせん) ホースをつかって火を消します。
E プール 消防車がプールの水をつかって火事を消します。
近所の火事のときにも使います。
F 防火用水(ぼうかようすい)/バケツ 小さな火事のうちにみんなで協力して消すときに使います。
G 防火シャッター/防火戸びら 火事が起こったときに火やけむりを止める役わりをします。

学校の防火対さく
@ 火事を早く発見するためのもの 自動火災報知設備
A 火事を早くみんなに知らせるためのもの 非常警報設備
B 安全に早くひなんするためのもの ひなん階段
C 早く消すためのもの 消火器
屋内消火栓
プール
防火用水
D 炎やけむりを止めるためのもの 防火シャッター
防火戸びら
E 火事が起こったときのことを考えてそれぞれの学校で消防計画が作られています
F 火事にそなえて、ひなん訓練をしています




3 わたしたちの町の防火しせつ

  消火栓(しょうかせん)

  防火水槽(ぼうかすいそう)
    大きさ・・・・・約40立方メートル(約40トン)
    水の量・・・・・とう油かん約2,000個分
    火事のとき1台の消防車で約40分使えます


  川や池も大切な防火しせつです。  




4 消防署所の役目

   いつ、どこで火事・救急・救助などが起こってもすばやく対応できるように
   遠賀郡消防署には本署、芦屋分署、岡垣出張所があります。

消防自動車の数
本   署 芦屋分署
タンク車(水1.5トン) 1台 ジェットスキー 1艇 タンク車(水1.5トン) 1台
ポンプ車 1台 査察連絡車 3台 はしご車(32m) 1台
化学車(水1.3トン・薬剤0.7トン) 1台 災害支援車 1台 高規格救急車 1台
高規格救急車 1台 資材搬送車 1台 指揮車 1台
スノーケル車(16m) 1台 ゴムボート 1艇
救助工作車 1台 岡垣出張所
指揮車 2台 タンク車(水1.5トン) 1台
高規格救急車(予備車) 1台 高規格救急車 1台

   消防自動車の写真



5 遠賀郡消防本部 Q&A 

                                               ※印刷用ページ

Q 遠賀郡消防本部には何人の人が働いているのですか?
  現在、118名の職員が働いています。
    
Q 消防車、救急車は何台あるのですか?
  現在、消防車が11台救急車が4台あります。
   
Q 消防車はなぜ赤いのですか?

 
法律で朱色と決まっています。

 
Q 働く時間はどのくらいですか?
  24時間の交替で働く職員と、平日に8時間働く職員に
分かれています。
 
Q 仕事中、夜は寝ますか?
  約3時間〜4時間の仮眠をしています。
 
Q 仮眠の(寝る)時は何を着ているのですか?
  いつ火事や救急があってもいいように昼間と同じ服を
着ています。
 
Q 火事の原因は何が多いですか?
  放火が一番多いですが、たき火、火遊びでの火事も
多いです。
 
Q 火事ない時は何をしていますか?
  火事を起こさないための仕事(火災予防)や、訓練などを
しています。
 
Q 女性の消防職員はいますか?
  平成29年度に初めて1名採用されました。
 
Q 服の色はどういう分け方なのですか?
  青い服は消防隊、オレンジの服は救助隊、白い服は
救急隊です。
 
Q 道具の点検はだれが行うのですか?
  いつ火事などが起こってもいいように毎日職員が点検
しています。
 
Q 出動まで何分かかりますか?
  出動指令が流れて1分程度で出動します。
 
Q 火事などの現場までどれくらいの時間がかかりますか?
  消防署から遠い場所でも、だいたい7〜8分で到着します。
 
Q 防火服の重さはどのくらいですか?
  上着、ズボン、ヘルメット、ゴム長靴、手袋を合わせて
約8sぐらいですが、火事などで空気呼吸器を背負うと
全部で12sくらいになります。
 
Q ホースの長さと重さはどのくらいですか?
  ホー1本の長さは20メートル、重さは8sです。
 
Q 火事の時に煙は吸わないのですか?
  そのままだと煙を吸ってしまうので、空気呼吸器という資器材を
使い、背負ったボンベの空気だけを吸うことで、煙を吸わないようにしています。
 
Q 火事の現場で水はどうやって手に入れるのですか?
  道路などにある消火栓や防火水槽、川や池、海などから
手に入れます。
 
Q 防火水槽にはどのくらい水が入っていますか?
  ほとんどの防火水槽には40トン(4万リットル)の水が
入っています。
 
Q 同時に何カ所も火事になったらどうするのですか?
その火事に出動していない消防隊や町の消防団で対応します。
それでも足りない場合は、北九州市や中間市などの消防署に
応援してもらいます。